2018年 (仏暦2561年) 7月 放生会

今回の放生会は、参加者 6名(岐阜県3名、長野県 1名、大阪 1名、東京1名), 委託 5名(岐阜県1名、東京3名、茨城1名)、合計11名でした。


放生した魚は、鮎100匹、ウナギ10匹、鯉5匹でした。


猛暑の続く週末でしたが、無事 放生実践できました。


徳分分けの後で、各自が、自分の地元で出来る放生のお話と、地獄ではどの様に徳分が届くのかというタイのアチャン バラミータンの有難い話しを聞き書き留めた言葉を、皆さんの前でお話して閉会と致しました。


放生会の様子 2018年7月 岐阜県恵那市にて
放生会の様子 2018年7月 岐阜県恵那市にて

暑い日の放生会でしたが、こんなに 放生する事が、清々しいなら、もっとこれからも、放生をしたいとのお声もあり、とても良い放生となりました。

 

次回は、8月18日(土)午後からの予定です。