●遠方の方で集中的に放生の仕方やダルマを学びたい方へ

 放生実践会は、西暦2012年に発足しましたが、近年は遠方からの方で、泊まりがけをして集中的に放生の仕方やお釈迦様が説かれたダルマを学びたいという要望が増えて来ました。

 

下記の様な方が、泊まりがけでの学びをされたい方の具体的な例です。

  • 放生は良い事と知っているが、岐阜県恵那市までは日帰りでは難しい方
  • 1度に集中して多くの事を学び、自分でも実践したいと思う方
  • 放生を自分自身で行うだけでなく、自分の地域の方に放生の仕方を教えたい方
  • 放生だけでなく、お釈迦様の説かれた84.000の教えの中の大切な部分を学び実践したい方

 既に千葉県、山形県、愛知県、長野県、東京、栃木県などから過去に参加されています。

 

泊まりがけで集中して学ぶコースは大きく分けて2つあります。

 

●放生や徳分わけの方法を学ぶコース:

 このコースは、具体的に自分自身で放生をする際に、何に気をつけてするのか?を学びます。  放生の心得や具体的な方法や注意点。 放生に伴う徳分わけの方法などを学びます。

ご自分で行うだけでなく、放生の仕方に慣れてきたら、今度は他の方にも放生の仕方を教える事が出来るようにしたい、という方もいらっしゃいます。 そのような希望にも対応しています。  基本は、1泊2日 菜食の食事付きで、12.000円/人です。 JR中央線恵那駅までの無料送迎は致します。 最大5人までのグループは受け入れ可能です。

 

 

●放生、徳分わけ+ダルマを学ぶコース:

 

 このコースは、上記の放生と徳分わけの方法を学ぶだけでなく、お釈迦さまのダルマを学びます。 お釈迦様は84.000の教えを残されました。 もし仮に84.000の学びを一日3つ学んだとしても、28.000日。即ち一日たりとも休まなく学んだとしても76年以上かかる事になります。 しかし84.000の教えを全て学ぶ事をしなくても、その一番大切な部分にあたる教えを学ぶ事が出来ます。 このコースでは、ダルマ(本来すべき事)の重要な部分を抜粋し、今の社会の中でどう実践するのか? 具体的に教えします。  日本語が苦手な方は、その人に合わせて、英語でも可能です。 (ダルマを教える場合に英語では該当する多くの単語がないため、英語では、その意味自体を学ぶには適していない言語ではありますが、なるべく判りやすい例題を用いて説明は致します。) もちろん、英語が出来る中国語圏の方であれば、漢字を使いながら教える事も可能です。

 

 上記の放生&徳分わけにプラスしてのダルマの大切な部分を学びます。

 

遠方からの場合、飛行機や電車の時刻にあわせて、開始時間、終了時間などは調整します。

  

基本は、1泊2日の場合: 菜食の食事付きで、22.000円/人です。 JR中央線恵那駅までの無料送迎は致します。 2泊3日の場合:38.000円。 最大5人までのグループは受け入れ可能です。

 

放生をしっかり学びたい方の申込み希望の方は

ココを押してください。