2018年6月 放生の様子

実際に放生する人に繋がる事で、それ以外の人も放生した事になる
実際に放生する人に繋がる事で、それ以外の人も放生した事になる

仏歴2561年6月24日(日)に岐阜県恵那市にて放生を行いました。

 

 参加者は9人(新潟県1名、長野県2名、 岐阜県6名)と委託者が8名(大阪2名、長野2名、東京3名、茨城1名)の合計17人でした。

 

 鯉を10匹、ウナギ3匹、鮎が100匹を放生しました。

 

 放生の後、徳分分けのクルワットナムをしました。

 

 お釈迦様の生誕、入滅、そして悟りを開かれたウィサカー・プジャの日は、今年は5月の満月の日でしたが、タイのアチャン・バラミーターンが地獄にいる人達に、こちらの世界からの徳分が、どのような形で届けられるかを見てこられたため、 そのお話の一部を皆さんにお伝えして、その後、閉会としました。

 

来月は、7月15日(日)に行う予定です。 

放生に参加または、委託希望の方は、放生実践会までご連絡下さい。 


2018年(仏歴2561年)5月20日の放生

5月に岐阜県恵那市で行われた放生では、 鮎を100匹、鯉を12匹 放生しました。

 

参加者は8名(岐阜県6名、長野県2名)、委託者は7名(大阪2名、愛知県1名、東京3名、 栃木1名)の合計15名でした。

 

今回の委託者の方は、他の方からのご紹介による委託が多い会となりました。 

 

徳分は更なる徳分を生みます。 悪いカルマは更なる悪いカルマを生みます。 社会の中で生きているだけでも、悪いカルマは、発生してしまいますが、 出来れば、徳分が沢山積む事が出来る人生であると良いと思います。

 

 次回は6月に行う予定です。

 

 

仏歴2561年(西暦2018年)4月15日

大雨直後で川の水は増水していましたが、 今回もイワナ200匹、 鯉12匹の魚を無事に放生する事が出来ました。

 

 参加者は大阪1名、岐阜県6名の合計7名で行われました。 (今回は手違いで、撮影データが同じような場面のみとなりましたので、 写真1枚のみの掲載となりました。)

 

 お陰様で、放生実践会も6年を迎える事が出来ました。

 

人間に生まれて来れたからこそ、積極的に徳積みが出来る機会があ与えられています。 数ある魂の中で、人間として生まれて来る事は、 大きな海原で針一本を探すくらい難しいとお釈迦様は言われたそうです。 生きている間にだけ徳分を積むチャンスがあります。 今世だけでなく来世に持ち越す事が出来るのが良いカルマ(徳分)と悪いカルマです。

 

 次回の放生会は、5月20日(日曜)午後の予定です。

命を助ける徳積みをご希望の方は、 お申込みフォームでご連絡下さい

 

2018年3月春分の日、放生しました。

岐阜県恵那市にて2018年(仏歴2561年)3月21日に、放生実践しました。 委託者を含めて12名の方が参加されました。

 

イワナを100匹、鯉を3匹、放生しました。

 

あいにくの雨天が続く日でしたが、放生の準備していると、次第と小雨となり、実際の放生をしている時は、雨は、ほとんど止みました。

 

悪いカルマを極力積まない、そして良いカルマ(徳分)を積極的に積む事こそが、今世だけでなく、来世に持ち越していけるモノであるそうです。 そんな中で、見返りを求めず積極的に命を助ける徳分積みは、尊い行為とされます。

 

これから春を迎え、放生がしやすくなる季節です。

 

命を大切にする徳積み、放生実践会への参加、委託希望の方は、

コチラをご覧下さい。  

 


2018年1月の放生の様子です。

 

今年2018年(仏歴2561年)は、 去年の12月で使い切れなかった繰り越し分も使いながら放生しました。

 

前回の委託者24名、プラス

 参加者の7名で、委託者を併せて、合計31名です。 

 

 

今回の1月28日に放生した魚の内訳は、 鯉7匹、いわな200匹でした。 

 

今回の分に関しましては、委託者が2名(大阪、埼玉)がありました。

どちらの方も、継続されている方です。 参加者は名古屋と岐阜で、合計3名でした。 

 


ここからは、 1月21日(日)分の放生です。 

 ウナギ10匹、鯉6匹、いわな180匹を放生しました。

 

実は1月は1月28日(日)と1月21日(日)の2回、開催しました。

 

去年の年末に集まったお金も沢山で、 その流れで、数回に分けて放生した訳です。

 

 年の初めから、沢山の魚が放生出来たという事で、寒いながらも放生の甲斐があったと参加者からもお声を頂きました。

 

 

 

 

続きを読む
放生会
放生会

テスト