質問:どのような生き物を放生するのが良いのでしょうか?

 

答え:

まず、  大きく分けて生き物2つに大別させると良いと思います。

 

****************

 

➀ 今まさに、殺されそうな生き物。 (食べられてしまう魚や貝、エビなど)

➁ 売られている生き物だが、 すぐに殺される目的で売られていない。(ペットや観賞用の魚)

 

***************

 

放生には、➀の、今まさに、殺されそうな生き物が、適しています。

 

また、 ➀だからといって、 店頭には在庫がないので、 予約して取り置きしてもらうのも良くありません。

 

なぜなら、 店の人が、わざわざ、その取り寄せ依頼で、 仕入れをする事になれば、 この話しは本末転倒になります。 (なぜなら、 お店の人は市場へ御願いします。 市場の人は漁師さんへや養殖場へ、 漁師さんや養殖の人は結果、あなたの注文を受けて不要な魚をさらに穫るという流れになります。自分の本来の目的は、魚を逃がしてやるという事がです。 しかし、この目的から外れてしまうだけでなく、結果として、自分の意図ではないハズなのに、誰か他の人に対して魚を穫らせるという悪い因果を作る可能性が大きくなります。 これが本末転倒の意味です。)

 

よって、店に行ってみると、そこに、たまたま食べられるために売られている魚や貝があるという、状況が最善です。 

 

田舎ですと、 養殖場があったり、 また、釣り堀があります。 そこで, ある分の範囲内で買い求めるのも良いでしょう。

 

馴染みでは無い店の人に理由を言うと、 怪訝な顔をされる事もあるので、 ただ、生きた魚を買い求めたいとだけ、お伝えして購入するのが良いかもしれません。

 

もう一つ大切な事は、 放流した場所で生きていける環境であるのか? という事の確認、御願い致します。

 

 

例えば放生実践会のある、海がない岐阜県では、鯉を旅館などでは郷土料理として、よく食べられます。 時期によってですと、マスや鮎もそうです。

 

放生して生き延びる可能性が多い生き物を選ぶと良いでしょう。

(近くの川で、釣りする人も少ない場所を選び、生きていく可能性が高い場所を考えながら、放生します。)

 

【ご参考】

放生実践自体は、見返りを考えず、命を積極的に助けるという事が大きな動機です。

 

 それに付随する考え方が、アジアの仏教諸国では、もう一つ大きな流れがあります。

【それは、生臭ものを一定期間避ける、菜食週間というものです。】 

 

 多くのアジア諸国では、普段は肉や魚を食べる人でも、その仏様に関係するお祭りの1週間程度を、誰もが菜食ができる様に、 その週間はお酒や肉魚を出来る限り止めましょうという週間があります。

 

 レストランや屋台でも、積極的に菜食料理メニューが多くなる時期となります。 この考え方は、積極的に命を救う迄にに至る訳ではないかも知れませんが、 少なくとも命を奪うという事はありません。 

 

 もちろん物質的豊かな西洋へ右に習えの前、はるか昔の日本では、精進、精進落としという言葉があるように、彼岸の時期などを含めて、命を奪わない食事を期間限定で行う風習もあったようです。 葬儀の際も、実は喪に服し、そしてその期間が過ぎた後に、肉魚、酒などを排し、精進落としの日迄は生臭いモノを避けていた習慣もあったのも昔の日本でした。

 

 個人的には物質面を重要視した西洋文化を是とする今の日本であっても、是非 霊性豊かな生活(スピリチュアリティ)を基にしたアジアの素晴らしい習慣が廃れる事無く、アジアの一員としての文化を見習える事が出来れば良いと思っています。

 

********************

 

 因みにこんなお話をすると、では、野菜も生きているではないか? という質問が出るかも知れません。

 

生物学的には、野菜にも細胞があり生きています。 しかし、ここでの話の中心は魂です。

 

動物・魚→魂が宿る。

野菜・果物→魂は宿らない。 

 

(そうなると科学的に証明は未だ出来ていない魂の存在というものが、論点の中心になります。 このHPは放生実践をお伝えする頁ですので、詳細は割愛しますが、) 野菜には魂が宿っていない。 しかしながら魚などには魂が宿っている、という考え方から成り立ちます。これは、仏教やヒンディなどの根底にある考え方です。いわゆる 不殺生(インド天竺ならばアヒムサー、ahimsa)です。 神が与えた魂という存在に対して着目するという事からすべてが始まります。 もちろん仏様が説かれた、カルマ(良い業、悪い業)や徳分という言葉もすべて物質至上主義では説明できる言葉でもありません。

 

 最近の日本では、食事の時に、いただきます、というのは、 命を頂きますという言葉から来ているという話を巷で良く耳にします。 海外の方にそのような説明をしたとしたら、その残酷な言葉を使うのですか? と、非常にビックリされる事となるでしょう。

 

 本当に、その語源が正しいのかも吟味する事も大切ではないかと思います。誰かの勝手都合により、あなたの(命を)頂きます、だから感謝して食べなさいという家庭教育が、暗黙のうちに行われていたとしたらば、命の尊厳はそこにあるのでしょうか? 

 

 例えばの話ですが、奪われる立場の母(牛)からしてみて、どう写る言葉なのでしょうか?  もし仮に牛の立場になった時に、そんな勝手な言葉だけで済まされるモノなのでしょうか? (奪う側は往々にして、自分自身が奪われる側に立ってみないと、その事が解らないといいます。)

 

 命の大切さ、尊さが言われる昨今、この普段使い慣れている言葉の意味を再検討する事も、とても大切な事なのかもしれません。

 

 毎日の生活で菜食は難しいというのが殆ど方の意見でしょうが、 日常の毎日では難しいのであるならば、せめて菜食週間を慣行としたり放生が今なお一般的である昔ながらの良いアジア諸国の知恵、習慣を是非見習いたいものであると思います。 (戦前の日本でも、精進落としという言葉が微かに残っている通り、菜食をして精進する期間があったものです。)

 

 少々 話しが脱線してしまいましたが、本題のまとめ、それは下記の通りです。

 

 

 魂の宿っている生き物を助け、その生を奪うこと無く(魂の成長を妨げること無く)、魂の宿ったその生を全うする事を助ける。 他の命を助ける事で徳分を積む。 

 

これが放生実践の目的であります。

 


質問:放生の委託をしたい、もしくは参加したいけれど、どの位の金額を出したらよいですか?

時々、耳にするご質問です。 特に、右にならえの日本人には時々出て来る、ご質問です。

 

どのくらいの金額を出して、いま正に殺されかけそうな命を助けたいかという事を他の人に聞く必要があるのでしょうか?

 

毎月 定期的に 放生する人もいれば、一年に一回、もしくは一生に一度の人もいるかもしれません。 

それぞれ経済状況も違います。  例えば、小学生の子供がお小遣いから出す金額と、年収1千万以上ある人では、違ってきて当たりまえと思われます。

 

 今まで、沢山の悪いカルマを積んで来てしまい、大きな病気になってしまっている。 せめての償いもあり、今回はこのような機会も多くないのだから、沢山の命を救いたい、とその方が思われているのなら数万円でも少ないかもしれません。 また、死んだ父が無類の釣り好きで多くの殺生を重ねて来た、だから、せめて残された身内の自分が、死んだ父に代わり徳分を積み、その徳分を父に送りたいと思っているかも知れません。 事情はそれぞれの方により違う訳です。

 

出す金額はご自分で決められる事。 これも人生の勉強の一つです。

 

当会でお世話するの立場から敢えてお話します。 世話する立場からは、参加される方、委託される方が、殺されかけている命を助ける事が出来て良かったという事だけを見ています。 誰がどの位のお金を出したかと言う点に注目はしていません。 

 

 それよりも一人でも、放生する人が集まり、多くの命を助ける事が出来て良かった。 徳分が積めて良かったといういう点に着目しています。 あくまでも、人は人、ウチはウチ。 いくら出すかも人生の勉強の内です。  表面での額が少ない、額が多いという(深い部分を読み取る訳でもなく、表面だけでみて、) 判断する事は本末転倒となる事でしょう。 

 

 金銭という誰にとって ”大切なモノを差し出す尊い行為” である事は間違いありません。 金額はそれぞれの立場で千差万別なのです。 

 

 見返りを求めず、純粋に差し出す。 この点は大切な事です。 もし仮に一度に沢山の額を出す方がいたとして、沢山の徳分が積めて良かったね、と周りの人間も素直にその事に対して喜ぶ事。 ただ、それだけの事です。(決して嫉妬、ねたみ、蔑みの対象にしない事。) これもまた大切な点だと思われます。 額が少ない、多いという、上辺だけを見るのでは無く、純粋に殺されそうな命を助けたい、このポイントが大切である事を、どうか忘れないで頂きたいと思います。 他人の目を気にすることは全くないのです。